ニュース

蓮沼執太の公開録音 - Spiral Ambient
ライブ配信のお知らせ

2016年3月7日

3月11日(金)にHIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRALで開催される『蓮沼執太の公開録音 - Spiral Ambient』の模様をDSD5.6MHzおよびDSD2.8MHzにてライブ配信いたします。

ミュージシャンの石塚周太(g)、徳澤青弦(cello)、ゴンドウトモヒコ(euphonium)などが参加し、パフォーマーの島地保武、言葉と詩の山田亮太、空間と環境デザインの佐々木文美、さらには蓮沼自身による音響彫刻など、さまざまな形で会場であるスパイラルホールの空間にアプローチを行うことで立ち上がってくる音楽をDSDで録音していくイベントです、是非お楽しみください!
※本コンテンツはバイノーラル収録をしておりますので、ヘッドフォンでの視聴をオススメいたします。

■『蓮沼執太の公開録音 - Spiral Ambient』
 出演:蓮沼執太(http://www.shutahasunuma.com/
 会場:スパイラルホール(http://www.spiral.co.jp/
 協力:OTOTOY、サウンド&レコーディング・マガジン主催
    HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL(http://highresofes.com/

■ライブ配信日時
 2016年3月11日(金)19:00~

■HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL

 音楽の聴きかた、楽しみかたが多様化する現在、 アーティストやレコーディング・エンジニアから「スタジオで聴いていた音にもっとも近い」と評され、 オーディオ機器/ファイルフォーマットの一大潮流となっているキーワード「ハイレゾ」。
HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRALは、 機器の展示販売、トークイベント、試聴会、さらにはライヴレコーディングなどを通して 多角的に「ハイレゾ」の魅力とその「いま」を体感していただくイベントです。

■演奏家プロフィール

蓮沼執太(Shuta Hasunuma)

1983年、東京都生まれ。 蓮沼執太フィルを組織してのコンサート公演をはじめ、映画、演劇、ダンスなどでの制作多数。
近年は作曲という手法を様々なメディアに応用し、映像、サウンド、立体、インスタレーションを発表しているほか、自ら企画・構成を手掛けるコンサート・シリーズ『ミュージック・トゥデイ』など、個展形式での展覧会やプロジェクトも活発に行っている。
2月には最新アルバム『メロディーズ』のリリース。

ニュース一覧ヘ戻る