ニュース

NKBプロジェクト
北村憲昭指揮・オーケストラ作品<サンプル試聴音源>
配信開始のお知らせ

2017年3月1日

2013年2月に収録された北村憲昭指揮ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団のロシア音楽アルバムから、特別に無料のサンプル音源を2曲ご用意しました。
収録会場は、ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地で、ショパン国際ピアノ・コンクールの会場として知られるFILHARMONIA NARODOWA。このホールで演奏された素晴らしいオーケストラサウンドを体験してください。

試聴音源1曲目はストラヴィンスキーの「火の鳥」から、オーケストラの醍醐味を存分に味わえる「カスチェイの踊り」を。2曲目のチャイコフスキーの「ロメオとジュリエット」では、繊細な響きの部分とトゥッティのダイナミックレンジの広さが体感できる中間部をお楽しみいただけます。

NKBプロジェクト 北村憲昭指揮・オーケストラ作品<サンプル試聴音源>


配信日時:2017年3月1日(水)~8月31日(木)


●北村憲昭指揮 ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団 シリーズ
 Noriaki Kitamura / Warsaw Philharmonic Orchestra (NKB-503)


ストラヴィンスキー:バレー組曲「火の鳥」 1919年版
チャイコフスキー:幻想的序曲「ロメオとジュリエット」
チャイコフスキー:オペラ「エウゲニオネーギン」よりポロネ−ズ
Igor Stravinsky: "The Firebird" Suite 1919
Tchaikovsky: "Romeo and Juliet" Fantasy Overture 1880 ver.
Tchaikovsky: Polonaise from Opera "Eugen Onegin"

*このタイトルは、下記アイ・クオリア オンラインショップにて、ステレオ・マルチチャンネル両形式のオーディオデータをご購入いただけます。
http://shop.aiqualia.jp/products/detail.php?product_id=53


<解説>
ショパンコンクールで有名なワルシャワ・フィルハーモニー・ホールでの録音。伝統あるオーケストラとホールの重厚な響きが素晴らしい。最弱音からホールの空間を揺るがす大迫力のダイナミックレンジが堪能できる。静寂の中、他の録音では聞こえないような鳥のさえずりや、夜のしじまの様子さえ感じ取る事ができ、終盤の「夜明け」から「コラール」までの盛り上がりには圧倒される。 「ロメオとジュリエット」は情景が目に浮かぶような演奏。そこで表現される二人の愛の深さに、聴き手は身につまされる。本場ポーランドのオーケストラによるポロネーズは、さすがに生気にあふれている。

<NKBプロジェクト>
優れた芸術作品の収集所蔵を目的に設立された一般社団法人 NKBにより推進されている、北村憲昭指揮のオーケストラ作品録音事業。ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団との管弦楽作品録音の他に、スロバキア・フィルハーモニー管弦楽団とのベートーヴェンの交響曲録音が進行中。

《詳細はこちら!》https://primeseat.net/ja/programs/on-demand/nkbkitamurasample.html



本作品以外の北村憲昭指揮のオーケストラ作品音源も、アイ・クオリア オンラインショップでご購入いただけます。

・データ配信タイトル一覧
http://shop.aiqualia.jp/products/list.php?category_id=5

・CD/SACDタイトル一覧(他の演奏者の作品も表示されますので予めご了承下さい)
http://shop.aiqualia.jp/products/list.php?category_id=6

ニュース一覧ヘ戻る