ニュース

フルトヴェングラー 帝国放送局アーカイブ 1939-1945
先行ハイレゾ試聴

2018年12月21日

今日でも多くのファンを持つ伝説的指揮者ヴィルヘルム・フルトヴェングラーは、1922〜45年、52〜54年にベルリン・フィルの首席指揮者として活躍しました。その彼が、第2次世界大戦中にヒトラー・ドイツの帝国放送局(RRG)に残した放送録音が、ベルリン・フィルの自主レーベル「ベルリン・フィル・レコーディングス」より22枚組のSACDハイブリッド盤としてリリースされます。
PrimeSeatだけに特別に許可されたハイレゾ音源(96kHz/24bit)による先行試聴を、どうぞお楽しみください!

このプログラムは日本限定の無料配信となります。
This program is not accessible from outside JAPAN.



シューマン:ピアノ協奏曲イ短調第1楽章
ヴァルター・ギーセキング(ピアノ)

収録:1942年3月1〜3日
ソース:RRGオリジナル/ロシア・テープ

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調第3楽章
ゲオルク・クーレンカンプ(ヴァイオリン)

収録:1943年2月7〜10日
ソース:RRGオリジナル/ロシア・テープ

シューマン:チェロ協奏曲イ短調第2、3楽章
ピエール・フルニエ(チェロ)

収録:1943年11月13〜16日
ソース:RRGオリジナル/ロシア・テープ

R・シュトラウス:家庭交響曲
収録:1944年1月9〜12日
ソース:RRGオリジナル/ロシア・テープ


【詳細】https://primeseat.net/ja/programs/on-demand/WF_empire.html
ニュース一覧ヘ戻る