ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
DSD11.2MHz ライブ・ストリーミング配信

ラトルの首席指揮者としての最後の定期は、
マーラー「第6」!

ラトルの首席指揮者としての最後の定期は、
マーラー「第6」!
(DSD11.2MHz|DSD5.6MHz|PCM96kHz/24bit)

2018年6月21日(木) 3:00 〜

マーラー:交響曲第6番

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:サー・サイモン・ラトル

日時:2018年6月20日(水)20:00開演(現地時間)
会場:ベルリン・フィルハーモニーホール(ドイツ)
公演情報:
https://www.berliner-philharmoniker.de/en/concerts/calendar/details/51231/

※再生ボタンは配信日時の10分前から押下することができます。

<再生する音質とネットの通信速度について>
・11.2MHz(DSD)で再生するには、ご自宅のネットの通信環境が24Mbps以上必要です。詳しくはDSD11.2MHz音源の再生に必要な環境についてをご覧ください。
・5.6MHz(DSD)は12Mbps以上、PCM(96kHz/24bit)は5Mbps以上の通信環境で再生してください。

公演概要:
サイモン・ラトルは、1987年にマーラーの交響曲第6番でベルリン・フィルにデビューしました。彼はデビュー演奏会について後日、「このオーケストラは自分の声となるだろうと思った」と語っています。その後、2002年に首席指揮者・芸術監督に就任しましたが、同ポストでの最後の定期演奏会となるこの公演でも、同じ作品を取り上げます。これにより、30年にわたる円環が閉じることになります。ご期待ください。

この番組を視聴するには PrimeSeat のインストールが必要です。
こちらからダウンロードをしてお楽しみください。

ダウンロード