dream window inc.
ハイレゾ・アルバムシリーズ

メディテイション〜フローベルガーの眼差し〜
( Froberger's Vision )

メディテイション〜フローベルガーの眼差し〜
( Froberger's Vision )
(DSD11.2MHz|PCM192kHz/24bit <無料試聴>)

2018年11月1日(木) 11:00 〜

フローベルガー: パルティータ第6番 ハ調 FbWV 612より“Saraband” 2:26
フローベルガー: パルティータ第5番 ニ調 FbWV 611より“Gigue” 1:20
フローベルガー: メディテイション ニ調 FbWV 611a(抜粋) 1:50
フローベルガー: パルティータ第6番 ハ調 FbWV 612より“Saraband” 2:26
フローベルガー: パルティータ第5番 ニ調 FbWV 611より“Gigue” 1:20
フローベルガー: メディテイション ニ調 FbWV 611a(抜粋) 1:50


【アルバム紹介】
 本作は、2016年に生誕400年、2017年に没後350年を迎えた作曲家、ヨハン・ヤーコプ・フローベルガー(1616-1667)のメモリアルとして制作された。
今回録音した6組曲(1656年)は神聖ローマ帝国皇帝フェルディナンド3世に献呈された美しい自筆譜によるもので、それぞれ4つの舞曲から成り、アルマンド/ジーグ/クーラント/サラバンドというオーダーである。
 FbWV612の1曲目はアルマンドではなくラメント(Lamento)となっている。これは20歳の若さで戴冠直後に亡くなったフェルディナンド4世への追悼である。愛する子を失い哀しみにくれる王(前出のフェルディナンド3世)のためにフローベルガーは敢えて無垢な明るい調(現代でいうハ長調)を選び、曲の最後に2オクターブに亘る「天国への階段」を音階で描いたのだった。

【演奏】
 桒形亜樹子(チェンバロ)

【レコーディング】
 2017年4月4~6日(松本市音楽文化ホール(ザ・ハーモニーホール)小ホール)

【使用楽器】
 チェンバロ:Jeol KATZMAN(Amsterdam)2005年製作
(1638年ヨハネス・ルッカースによる。桒形所蔵)
 楽器調整・調律:林 彰見
 ピッチ:a=414Hz  音律:B.Lehmanによるpc分割Bach調律(2005年)

本作品はe-Onkyo music、 mora 等で配信中です。詳しくはこちらから



【演奏者からのメッセージ】
「天国への階段の先にあるもの」
 2016年に生誕350年、2017年に没後300年のメモリアル・イヤーを2年続けて祝ってもらった幸せな作曲家ヨハン・ヤーコプ・フローベルガーは、ドイツのシュトゥットガルトに生まれ、ヨーロッパ中を旅した音楽家である。その行き先はローマ、パリ、ロンドン、ウィーン、マドリッドなど文化の中心地であり、各地で最先端の音楽を吸収したことだろう。初めて鍵盤「組曲」の順番を決めて発表した作曲家であったらしい、ということでも音楽史上に名を残している。今回録音に選んだ6つの組曲(1656年)は神聖ローマ帝国皇帝フェルディナンド3世に献呈された美しい自筆譜によるもので、それぞれ4つの舞曲から成り、アルマンド/ジーグ/クーラント/サラバンドというオーダーである。バッハ、ヘンデルなどの組曲に慣れている耳には、最後が急速で派手な感じのジーグなどでなく落ち着いたサラバンドであるのが不思議かもしれない。しかし順番や曲数に関しては彼自身もまだ試行錯誤をしていた形跡が他の写本などから認められる。

 FbWV612の1曲目はアルマンドではなくラメント(Lamento)となっている。これは20歳の若さで戴冠直後に亡くなったフェルディナンド4世への追悼である。愛する子を失い哀しみにくれる王(前出のフェルディナンド3世)のためにフローベルガーは曲の最後に2オクターブに亘る「天国への階段」を音階で描いたのだった。行き着いた先(Do音=DominusのDo。主、神という言葉から来ているとも言われる)には天使達が待ち受け、魂を歓迎するかのような明るいジーグが続き、地上の父王をも慰める。
 
「将来の自分の死に対する瞑想(Meditation)」も似た雰囲気を醸し出す名曲である。最後にはラテン語で"Memento mori" 死を憶え、とあり、生前に自分の追悼曲を書いてしまったのだ(FbWV611の1曲目のアルマンドの代わりにこちらが置かれている写本が存在する)。フローベルガーの最も得意なジャンルと思われるこれらの曲は、楽譜の通り弾くだけでは全く音楽にならず、行間の時間の使い方が厳しく問われる。音楽家は当然ながら、まず美しい音を出す技を磨くのだが、加えて微妙な時間を操る感性と研ぎ澄まされたバランス感覚が無ければ人の心を動かすことは出来ない。

 フローベルガーは私がチェンバロを始めた直後から、何故か向こうから傍に寄り添ってくれた稀有な作曲家であった。この記念すべき年に、彼の才能が最も花開いたこれらの芳醇な「組曲」の録音機会が与えられたのは、この地上での奇跡的な数々の出会いの結果であり、天の采配の妙を深く感じている。この場をお借りして、録音に関わって下さった全ての方々に心からの感謝を捧げたい。

2017年8月 東京にて 桒形 亜樹子


【桒形亜樹子プロフィール】
東京生まれ。東京芸術大学附属音楽高校作曲科卒、同大作曲科入学。在学中にDAADドイツ政府交換給費留学生として渡独、デトモルト北西ドイツ音楽院及び、シュトゥットガルト芸術大学チェンバロ科を最優秀で卒業。国家演奏家資格取得。09年にフランスに渡り、セルジー・ポントワーズ国立地方音楽院及び、ショーモン市立音楽院にてチェンバロ、通奏低音講師を務める傍ら、ヨーロッパ各地で演奏活動を行う。第8回ブリュージュ国際チェンバロコンクール最高位と聴衆賞、第8回パリ国際チェンバロコンクール2位ライプツィヒ国際バッハコンクール他に入賞。現代音楽の紹介にも力を注ぎ、委嘱を含む世界初演、日本初演は多い。文化庁在外研修員としてイタリア、スペインで研鑽を積んだ後、17年に及ぶ欧州滞在にピリオドを打ち2000年に帰国、ソリスト、通奏低音奏者としての演奏活動の他、音律、古楽演奏に関するレクチャーコンサート、セミナーを数多く開催。東京音楽大学、東京藝術大学、名古屋芸術大学などで特別講義、「古楽コンクール山梨」審査員。現在東京藝術大学講師、松本市音楽文化ホール講師。
(※楽曲データ上では「桒」の字を「桑」表記としております)



この番組を視聴するには PrimeSeat のインストールが必要です。
こちらからダウンロードをしてお楽しみください。

ダウンロード