浜離宮 PrimeConcert

一瞬で消えゆく名演奏を、ホール直送の最高音質であなたの手に

上野耕平 サクソフォン・リサイタル
(DSD 5.6MHz/1bit)

2016年12月14日(水)11:30 @ 浜離宮朝日ホール

2016年12月22日(木) 11:00 〜 2017年3月21日(火) 23:59

J.S.バッハ:G線上のアリア
モーリス:プロヴァンスの風景
クレリス:セレナード・ヴァリエ
ガーシュイン/長生淳編曲:ラプソディ・イン・ブルー
リムスキーコルサコフ/網守将平編曲:熊蜂の飛行
ビゼー/山中惇史編曲:カルメン・ファンタジーforサクソフォン
バザン:バザンのロマンス ~歌劇《パトラン先生》

上野耕平(サクソフォン)、山中惇史(ピアノ)

異次元の技巧、突き抜けた音楽性。
サクソフォンの新星・上野耕平が話題騒然の才能を披露します!

浜離宮朝日ホール コンサート情報:
http://www.asahi-hall.jp/hamarikyu/event/2016/12/event628.html

販売期間:2016年12月22日(木) 11:00 〜 2017年3月21日(火) 11:00

DSD 5.6MHz/1bit ¥500

J.S.バッハ:G線上のアリア [00:31-]
モーリス:プロヴァンスの風景 [06:21-]
クレリス:セレナード・ヴァリエ [22:57-]
ガーシュイン/長生淳編曲:ラプソディ・イン・ブルー [27:24-]
44:35
リムスキーコルサコフ/網守将平編曲:熊蜂の飛行 [00:25-]
ビゼー/山中惇史編曲:カルメン・ファンタジーforサクソフォン [08:03-]
バザン:バザンのロマンス ~歌劇《パトラン先生》 [28:22-]
32:22


上野耕平(サクソフォン) Kohei Ueno, Saxophone
 茨城県東海村出身。
 8歳から吹奏楽部でサックスを始め、東京藝術大学器楽科を卒業。
 これまでに須川展也、鶴飼奈民、原博巳の各氏に師事。
 第28回日本管打楽器コンクールサクソフォン部門において、史上最年少で第1位ならびに特別大賞を受賞。2014年11月、第6回アドルフ・サックス国際コンクールにおいて、第2位を受賞。現地メディアを通じて日本でもそのニュースが話題になる。
 また、スコットランドにて行われた第16回世界サクソフォンコングレスでは、ソリストとして出場し、世界の大御所たちから大喝采を浴びた。
 2015年9月の日本フィルハーモニー交響楽団定期公演に指揮者の山田和樹氏に大抜擢。この公演は、クラシックサックスの可能性が最大限に引き出され、好評を博す。また2016年4月のB→C公演では、全曲無伴奏で挑戦し高評価を得ている。
 CDデビューは2014年「アドルフに告ぐ」、2015年にはコンサートマスターを務めるぱんだウインドオーケストラのCDをリリース。
 現在、演奏活動のみならず「題名のない音楽会」、「報道ステーション」等メディアにも多く出演している。
 また2016年4月からは昭和音楽大学の非常勤講師として後進の指導にあたっている。

《The Rev Saxophone Quartet》《ぱんだウインドオーケストラ》コンサートマスター


山中惇史(ピアノ) Atsushi Yamanaka, Piano
 1990年愛知県生まれ。7歳よりピアノを、16歳より作曲を始める。
 東京藝術大学音楽学部作曲科経て、同大学院音楽研究科修士課程作曲専攻修了。
 作曲を鈴木純明、ピアノを江口玲各氏に師事。漆原啓子、清水高師、ピエール・アモイヤル、矢野顕子各氏と共演、又は委嘱を受けるなど、ピアニスト、作曲家として多方面で活動している。

浜離宮朝日ホール

 浜離宮朝日ホールは、世界でも最も響きが美しいホールの一つと評価されるシューボックス型(靴箱のような立方体)の室内楽ホールです。
 1996年に米国音響学会は世界22カ国の76ホールを調べました。その結果、ウィーンの楽友協会ホールなど3ホールが最高の「Superior」の評価を受け、浜離宮朝日ホールやニューヨーク・カーネギーホールなど6ホールが「Excellent」に挙げられました。
 この調査は、残響・聴衆とステージの関係の親密度・音のバランス・音色の輝き・透明感・温かさ・質感などを技術的に測定する一方、演奏家や音楽評論家の意見も取り入れて総合的に判断されたものです。弱音による繊細な演奏をすべての座席で満喫できるホールとして、演奏家や聴衆の皆様から愛されています。

浜離宮 PrimeConcert TOPページヘ戻る

この番組を視聴するには PrimeSeat のインストールが必要です。
こちらからダウンロードをしてお楽しみください。

ダウンロード