番組情報

フルトヴェングラー 帝国放送局アーカイブ 1939-1945
〈先行ハイレゾ試聴〉

2018年12月21日(金) 〜

今日でも多くのファンを持つ伝説的指揮者ヴィルヘルム・フルトヴェングラーは、1922〜45年、52〜54年にベルリン・フィルの首席指揮者として活躍しました。その彼が、第2次世界大戦中にヒトラー・ドイツの帝国放送局(RRG)に残した放送録音が、ベルリン・フィルの自主レーベル「ベルリン・フィル・レコーディングス」より22枚組のSACDハイブリッド盤としてリリースされます。

シューマン:ピアノ協奏曲イ短調第1楽章
ヴァルター・ギーセキング(ピアノ)
収録:1942年3月1〜3日
ソース:RRGオリジナル/ロシア・テープ
7:38
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調第3楽章
ゲオルク・クーレンカンプ(ヴァイオリン)
収録:1943年2月7〜10日
ソース:RRGオリジナル/ロシア・テープ
7:38
シューマン:チェロ協奏曲イ短調第2、3楽章
ピエール・フルニエ(チェロ)
収録:1943年11月13〜16日
ソース:RRGオリジナル/ロシア・テープ
10:29
R・シュトラウス:家庭交響曲
収録:1944年1月9〜12日
ソース:RRGオリジナル/ロシア・テープ
7:47



これらの音源のほとんどは、これまで様々なコピーを使用してリリースされてきました(海賊盤を含む)。今回のリリースが特別なのは、帝国放送局のオリジナル・テープを使用していること。フルトヴェングラーを含むベルリン・フィルの放送録音は、戦後、戦利品としてソ連に運ばれていましたが、ここで採用されている音源の多くは、1991年にソ連から返還されたいわゆる「ロシア・テープ」です。つまり、帝国放送のオリジナルを使用しており、現在望みうる最もオーセンティックな音質と言えます。プライムシートでは、このオリジナルから96kHz/28bitでサンプリングされ、96kHz/24bitで出力されたオリジナル・マスターをご紹介。商品は、SACDハイブリッド盤ですので、96kHz/24bit音源が聴けるのは、PrimeSeatのみとなります。

配信番組一覧ヘ戻る

この番組を視聴するには PrimeSeat のインストールが必要です。
こちらからダウンロードをしてお楽しみください。

ダウンロード