番組情報

マーラー:交響曲全集 <ハイレゾ試聴>

2020年12月25日(金) 〜

PrimeSeatだけに特別に許可されたハイレゾ音源による試聴を順次提供していきます。どうぞお楽しみください!
試聴音源を入れ替えました(2021年1月15日)

グスタフ・マーラー:交響曲第4番第4楽章
ヤニック・ネゼ=セガン(指揮)
9:26
グスタフ・マーラー:交響曲第3番第2楽章
グスターボ・ドゥダメル(指揮)
9:57

グスタフ・マーラー(1860-1911)

交響曲第4番変ホ長調《ロマンティック》(1878/80年)
ヤニック・ネゼ=セガン(指揮)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

収録:2014年3月22日

交響曲第3番
グスターボ・ドゥダメル(指揮)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

収録:2014年6月13日

KKC 9612/25
10CD+4 Blu-ray
初回特典:2021年カレンダー(ポストカードサイズ)
輸入盤・日本語帯・解説・歌詞対訳付
¥21,780(本体¥19,800)


©Monika Rittershaus



©Monika Rittershaus

ベルリン・フィル・レコーディングスはこれまで、ひとつのテーマに沿ったセットをリリースしてきました。その中でも、作曲家に焦点を当てたセットは、ジョン・アダムスにはじまり、ブルックナーそして今回のマーラーと続きます。
グスタフ・マーラー(1860-1911)は、2020年に生誕160年、2021年には没後110年を迎え、マーラーの交響曲は、今や世界のオーケストラの最も重要なレパートリーの一つといえるでしょう。ベルリン・フィルにおけるマーラー演奏の伝統は、1895年にマーラー自身が交響曲第2番を初演した1890年代まで遡ります。その後、オットー・クレンペラー、ブルーノ・ワルター、サー・ジョン・バルビローリ、ラファエル・クーベリック、レナード・バーンスタイン、ベルナルド・ハイティンクと数々のマーラー指揮者が客演指揮者としてベルリン・フィルと演奏してきました。
そして、ベルリン・フィルの主要レパートリーとしての定着までの軌跡は、歴代の首席指揮者をみれば一目瞭然です。アルトゥール・ニキシュは、早くからマーラーに関心を持っていましたし、ヴィルヘルム・フルトヴェングラーはかなり距離を置いていました。そして1970年代以降ヘルベルト・フォン・カラヤンはマーラーの作品に力を入れていきます。ニキシュ、フルトヴェングラー、カラヤンまでは、演奏されるのはマーラーの一部の作品に限定されていましたが、カラヤン以降、クラウディオ・アバド、サー・サイモン・ラトル、そしてキリル・ペトレンコは、交響曲全曲がレパートリーとして組み込まれていきます。
当エディションには、完成した9つの交響曲と未完の第10番第1楽章を、過去10年間の演奏から選んでいます。現在の首席指揮者ペトレンコと前任者であるアバドとラトルの演奏、そして客演指揮者で構成されています。中でも、キリル・ペトレンコの6番は、2020年1月の演奏で、新型コロナウィルス感染拡大直前の演奏会であり、非常にアクチュアルな演奏会でありました。マーラーが描く細部、そしてそれを全体像として構築することは、指揮者としての試金石ともいえ、新首席指揮者としての期待が大きく膨らみます。ペトレンコは、高い視点と広い視野に基づいた独特の知性とエモーションで作品を築き上げています。
そして、オケとの関係が席熟期に達したアバドとの10番はまさに阿吽の呼吸。ハイティンクとの9番も同様、高い信頼関係の中で繰り広げられる演奏は、ハイティンクのこれまでの集大成ともいえる芸術的な成果が聴かれます。さらにヤニック・ネゼ=セガン、ダニエル・ハーディング、アンドリス・ネルソンス、グスターボ・ドゥダメルといった若い世代の指揮者との演奏にも注目。大巨匠たちの成熟した演奏と新しいアイデアを実践しようとする若い世代の新鮮な演奏。まさにマーラーの音楽世界を凝縮したセットとなっています。



【CD購入はこちら】
https://www.kinginternational.co.jp/bphr_mahler_box/

配信番組一覧ヘ戻る

この番組を視聴するには PrimeSeat のインストールが必要です。
こちらからダウンロードをしてお楽しみください。

ダウンロード