番組情報

Net Audio Vol.36 ハイレゾストリーミング特別付録 提供中

2019年10月19日(土) 〜 2020年4月19日(日)

これまで数々の名演を生み出し、日本のジャズシーンにおいて欠かすことのできないライヴハウス、『新宿PIT INN』。
そんなPIT INNに憧れ、学生時代から通い続けてきたというギタリスト、助川太郎が率いるグループが今回の付録音源として登場。
大学卒業後、ボストンのバークリー音楽大学へと進学した助川は、そこでジャズ漬けの日々を過ごす。
バークリー音楽大学を卒業して以降、ニューヨークへとその拠点を移した助川はブラジル音楽に出会い、以降、ブラジル音楽を自身のフィールドとして活躍していた。
その後、ニューヨークで活動を共にした日本人ジャズヴォーカリストとのボサノヴァ・ユニットでのメジャーデビューが決定し、帰国。
「このユニットはポップス路線」という助川は、それとは別に「きっちりブラジル音楽を」と都内で活動を開始。
現在ではブラジル音楽を中心に中南米のプロフェッショナルとして、着実な人気を集めている。

今回のライヴは、助川にとって「PIT INNへの出演がかなった」という特別な一夜をハイレゾ収録したもの。
先般全国ツアーも行った山下Topo洋平(ケーナ、サンポーニャ、ギター)、阿部篤志(ピアノ)による助川太郎グループに、ユニット「ブラジルの抽象画」を共にする芳垣安洋(パーカッション)をゲストとして迎え入れたスペシャルバンドで奏でられる演奏は、ブラジル音楽とフォルクローレが見事に融合したユニークな世界観を持つものとなっている。

誰もが一度は耳にしたことのあるフォルクローレの名曲「コンドルは飛んでいく」や、オリジナル楽曲「壊れたワイニョ」「アレグリア・ヴィーダ」など、見事なまでに起承転結を見せる展開は必聴!

アーティスト
助川太郎Group Special Band

Net Audio Vol.36のサイトはこちら
https://www.phileweb.com/editor/net-audio/36/

クーポンコードをお持ちの方はこちら
https://gate2.primeseat.net/netaudio/36/

配信番組一覧ヘ戻る

この番組を視聴するには PrimeSeat のインストールが必要です。
こちらからダウンロードをしてお楽しみください。

ダウンロード