番組情報

日本オーディオ協会監修
『音のリファレンスシリーズⅡ』
<サンプル視聴音源>

2019年6月24日(月) 〜

「音のリファレンスシリーズⅡ」はハイレゾ対応機器の試聴、特に低音域の再生リファレンスに好適なハイレゾ音源として企画制作されました。全5曲を新規に録音し、また日本で初めて陸上自衛隊の実弾演習を録音し音源化しています。録音とマスタリングは、オーディオ評論家である生形三郎氏とソニーミュージックスタジオ 鈴木浩二氏が担当しています。
PrimeSeatでは、全5曲からピックアップした3曲の聴きどころを96kHz/24bitでお楽しみいただけます。
(「音のリファレンスシリーズⅡ」USBには上位の192kHz/24bit版の音源も格納されています。)

1. バッハ:「尊き御神の統べしらすままにまつろい 」BWV642(抜粋) 0:29
2. ドビュッシー:前奏曲集第1巻より第10曲「沈める寺」(抜粋) 0:27
3. チャイコフスキー:序曲「1812年」変ホ長調 作品49 ダイジェスト(抜粋) 0:21


【一般社団法人日本オーディオ協会 監修 「音のリファレンスシリーズⅡ」】
収録楽曲(全5曲)

  1. バッハ「尊き御神の統べしらすままにまつろい 」BWV642 (1'43")
  2. バッハ「われ汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ」BWV639 (2'49")
    • パイプオルガン:椎名雄一郎 -
  3. リスト 巡礼の年第2年補遺「ヴェネツィアとナポリ」S.162 第2曲《カンツォーネ》 (3'33")
  4. ドビュッシー 前奏曲集第1巻より第10曲「沈める寺」 (5'37")
    • ピアノ:三宅由利子 -
  5. チャイコフスキー 序曲「1812年」変ホ長調 作品49 ダイジェスト (4'08")
    • チューバ合奏:国立音楽大学チューバ専攻生 -
    • 大砲音:陸上自衛隊 第6特科連隊第1大隊 -

      収録音源(全6種)
  6. 155mm榴弾砲 FH-70 実弾射撃 演習
    • 陸上自衛隊 第6特科連隊第1大隊 -
      <重低音チェック用テスト信号>
  7. 基本チェック用信号
  8. スポット正弦波信号
  9. スィーブ信号
  10. ウォーブルトーン信号



    【パイプオルガン 椎名雄一郎】
    東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業。同大学院音楽研究科修士課程修了。第1回ダラス国際オルガンコンクール第2位。第12回ライプツィヒ・バッハ国際コンクール第3位。2002年NDR(北ドイツ放送局)音楽賞国際オルガンコンクール優勝。
    ウィーン国立音楽大学に留学し、オルガンをM.ラドゥレスク氏、チェンバロを故G.マレー氏に師事し、満場一致の最優秀の成績で卒業。スイス、バーゼル・スコラカントルム音楽院に留学。オルガンとチェンバロをJ.C.ツェンダー氏、通奏低音をJ.A.ベッティヒャー氏、アンサンブルをA.ルーリー氏に師事。現在、長崎・活水学院オルガニスト、キリスト教音楽研究所副所長、活水女子大学音楽学部教授。東京藝術大学非常勤講師。日本基督教団讃美歌委員会委員。日本キリスト教団吉祥寺教会オルガニスト。


    【ピアノ 三宅由利子】
    東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽部器楽科ピアノ専攻卒業後、ウィーン国立音楽大学ピアノ演奏学科へ留学。同大学を最優秀の成績で卒業する。ピティナヤングピアニストコンペティションF級銀賞(日本テレビ賞、エッソ賞)受賞。マルサラ国際ピアノコンクール入賞。ヴィオッティ・ヴェルチェッリ国際ピアノコンクールセミファイナリスト。フィナーレリグレ国際ピアノコンクール入賞。マルサラ国際ピアノコンクール審査員特別賞受賞。
    これまで、故武田宏子、御木本澄子、故堀江孝子、播本枝未子、ローラント・ケラー、故ゴールドベルグ山根美代子の各氏に、講習会他にて、故ハンス・ライグラフ、故ジェルメーヌ・ムニエ、ジェームス・トッコ、ノエル・フローレス、ドミニク・メルレ、ロナン・オホラの各氏に師事。現在、全日本ピアノ指導者協会(PTNA)正会員、コンペティション審査員。


    【チューバ合奏 国立音楽大学チューバ専攻生】
    • 山里 音・中村将輝・岡本友里・田村相円・植田響平・中江基希・村中圭・川手結稀・竹内麻裕歌・水木一志 -
      国立音楽大学のチューバ専攻生で構成。今回の10人の編成のために選抜メンバーが録音に参加した。2011年に日本唯一のチューバオーケストラ「BOTTOMS」を結成し毎年演奏会を行うなど、チューバの可能性を広げるため活動を続けている。2018年にはその活動がテレビ番組『タモリ倶楽部』で取り上げられた。それぞれが日々チューバの練習に精力的に励んでいる。


      【155mm榴弾砲 FH-70 実弾射撃 演習 陸上自衛隊 第6特科連隊第1大隊】
      第6特科連隊は、福島県郡山市の郡山駐屯地に所在し、福島県南部及び会津地方の防衛・警備、災害派遣を担当し、大口径の火砲155m榴弾砲FH70を装備した、師団最大の火力戦闘部隊。


      ●収録リポートはこちら
      「JASジャーナル 5月号」
      https://www.jas-audio.or.jp/jas_cms/wp-content/uploads/2019/05/201905_021-027.pdf


      ●購入方法(2019年6月29日発売)

      OTOTEN2019 会場で販売
      https://www.jas-audio.or.jp/audiofair/

      または 一般社団法人日本オーディオ協会 ウェブサイト
      https://www.jas-audio.or.jp/softs

配信番組一覧ヘ戻る

この番組を視聴するには PrimeSeat のインストールが必要です。
こちらからダウンロードをしてお楽しみください。

ダウンロード