番組情報

須田祥子 ビオラ・リサイタル
~ ビオラ・ファッシネーション・シリーズ Vol.1
"ビオラは歌う" 〜

2019年8月9日(金) 〜 2020年2月10日(月)

シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ イ短調 D.821 21:20
山田耕筰/松本 望 編曲:赤とんぼ 3:51
小林秀雄:落葉松 5:28
シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ イ短調 D.821 21:20
山田耕筰/松本 望 編曲:赤とんぼ 3:51
小林秀雄:落葉松 5:28

演奏:須田祥子(ビオラ)、松本 望(ピアノ)

日時:2019年7月7日(土)14:00開演
会場:神奈川県立相模湖交流センター 多目的ホール

須田祥子(ビオラ)

© 平野晋子
6歳よりヴァイオリンを始め、桐朋学園大学在学中にヴィオラに転向し、98年同大学を首席で卒業。
これまでにヴァイオリンを室谷高廣、ヴィオラを岡田伸夫の両氏に師事。
97年、第7回日本室内楽コンクール、99年、第7回多摩フレッシュ音楽コンクール、99年、第23回プレミオ・ヴィットリオ・グイ国際室内楽コンクール、2000年、第2回淡路島しづかホールヴィオラコンクールの全てのコンクールで第1位優勝。
皇居内御前演奏会、トッパンホールランチタイムコンサート、日本演奏連盟リサイタルシリーズ、FMリサイタル、B→C、ヴィオラスペース等数多くの演奏活動や、ソリストとしても多くのオーケストラと共演している。特に、「日本の作曲家2001」及びアンサンブル金沢との演奏など、NHK-FMでも紹介され高い評価を得た。国内の数多くのオーケストラに首席として客演している他、宮崎国際音楽祭、鎌倉ゾリスデン、サイトウ・キネン・オーケストラ等に度々出演。
2015年5月の「題名のない音楽会」及び2016年11月の「らららクラシック」のヴィオラ特集、同月の「題名のない音楽会」の「弦楽四重奏特集」に出演。また2016年1月には「報道ステーション」で白川氷柱群の前からヴィオラだけのソロ演奏が生中継された。また2018年6月にはNHK-FM「きらクラ」の水戸での公開収録にゲスト出演している。
現在、東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者、洗足学園大学非常勤講師。ヴィオラ演奏集団「SDA48」主宰。
CD「ビオラは歌う」シリーズをリリース。

松本 望(ピアノ)

北海道出身。東京藝術大学大学院修士課程作曲専攻修了。パリ国立高等音楽院ピアノ伴奏科首席卒業(審査員満場一致による)。これまでに作曲を土田英介、尾高惇忠の各氏に、ピアノを三角祥子、北島公彦、浜口奈々、E.Berchotの各氏に、伴奏法をJ.Koerner氏に師事。
2003年東京文化会館主催合唱作品作曲コンクール最優秀賞。受賞作品をはじめ自作曲集、編曲集等の出版多数。2007年第4回リヨン国際室内楽コンクール第1位(Vn.とPf.のデュオ)。2008年度文化庁新進芸術家海外留学制度派遣研修員。2009年第55回マリア・カナルス国際音楽コンクール・ピアノトリオ部門第1位。
在学中より作曲と演奏の両分野で活動を展開し、作曲では近年、全日本合唱コンクールやNHK全国学校(合唱)音楽コンクール等の課題曲の作曲者となり注目を集める。演奏ではアンサンブルを中心に活動、国内外のアーティストとの共演を重ねている。2017年よりアンサンブルピアノのための入門書である「合唱エクササイズ・ピアニスト編(カワイ出版)」をシリーズで刊行中。
現在、国立音楽大学ピアノ科、洗足学園音楽大学作曲科、各非常勤講師。






★CD発売情報★
須田祥子/ビオラは歌う3


https://finenf.jimdo.com/home/須田祥子-va/

★相模湖交流センターの公演案内★
相模交流センターでは様々な公演が予定されています。
ぜひ、一度足を運んで実際に素晴らしい響きをお楽しみください。
イベント案内は下記サイトをご覧ください。
https://www.sagamiko-kouryu.jp/event/

小林秀子と盟友たち
ビオラ・ファッシネーション・シリーズ Vol.2『アンサンブルの中のビオラ』
2019年9月22日(日)14:00開演
http://www.sagamiko-kouryu.jp/event/#hall20190922

配信番組一覧ヘ戻る

この番組を視聴するには PrimeSeat のインストールが必要です。
こちらからダウンロードをしてお楽しみください。

ダウンロード