番組情報

ベルリン・フィル アワー

アーノンクールのベルリン・フィルにおける最後の演奏会。《運命》が超名演!

配信日時:2019年9月7日(土)20:00〜

ベートーヴェン:ミサ曲ハ長調
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ニコラウス・アーノンクール(指揮)
ユリア・クライター(ソプラノ)
エリーザベト・フォン・マグヌス(アルト)
ヴェルナー・ギューラ(テノール)
フローリアン・ベッシュ(バス)

2011年10月27日-29日収録

2016年3月に亡くなった巨匠ニコラウス・アーノンクール。当音源は、ベルリン・フィルとの最後の演奏会の記録です。その後彼は、2013年12月にも客演が予定されていましたが、健康上の理由によりキャンセルとなりました。
プログラムは、オール・ベートーヴェン。ミサ曲ハ長調は、ベートーヴェンが完成させた数少ないミサ曲のひとつですが、一般的にはミサ・ソレムニスの陰に隠れがちです。しかし形式上の異色さは折り紙付きで、委嘱者のエステルハージー候を憤慨させたと言われます。しかし今日の視点からすると、それがまさに作品の独創性と言えるでしょう。このことは、聴きなれた曲に革新的な解釈を施すアーノンクールの精神とも通じているように思われます。一方、《運命》の素晴らしさは、現在でもベルリン・フィル団員の間で語り草になっているほどです。

このコンサート映像は、ベルリン・フィルの映像配信サービス「デジタル・コンサートホール」でご覧いただけます。
https://www.digitalconcerthall.com/ja/concert/2463

ベルリン・フィル アワー TOPへ戻る

この番組を視聴するには PrimeSeat のインストールが必要です。
こちらからダウンロードをしてお楽しみください。

ダウンロード