RCO Live PrimeSeat Special

FISCHER CONDUCTS DVORÁK 7

(Live & On Demand)

日本国内限定配信のため、日本国外からは視聴できません。購入前によくご確認ください。

RCO paid contents are not accessible from outside JAPAN.

2017年5月6日(土) 11:00 〜 2017年11月6日(月) 23:59
※Live配信は終了しました。

ベラ・バルトーク:ハンガリーの情景
アントニン・ドヴォルザーク:交響曲第7番

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
イヴァン・フィッシャー指揮

イヴァン・フィッシャーは、長年にわたってロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団から敬愛されている客演指揮者の一人です。今シーズンは、彼はトロンボーンが重要な役割を果たしている輝かしいプログラムを指揮します。

ドヴォルザークの交響曲第7番では、トロンボーンセクションが、全体的な響きを決定する中心的な役割を果たすことがよくあります。「それらは決して作品を推し進めるものではないが、ニスの光沢のような響きをもたらすものでなければならない」と、ドヴォルザークは言っています。交響曲第7番は、力強い雰囲気の変化に満ちた特に表現力豊かな作品で、陽気さと悲劇とのバランスを保つところに挑戦があります。

本配信では、現地で4月20・21・23日の3日にわたって行われるコンサートから、4月21日に演奏されるバルトークの「ハンガリーの情景」とドヴォルザークの「交響曲第7番」のプログラムをお届けします。
(下記RCOオフィシャルサイトの情報にあるマクミランのトロンボーン協奏曲は、都合により本配信には含まれませんので、あらかじめご了承下さい。)

RCO Official Site:
https://www.concertgebouworkest.nl/en/concert/fischer-conducts-dvorak-7

後援:オランダ大使館

販売期間:2017年3月28日(火) 11:00 〜 2017年11月6日(月) 11:00

視聴料金:¥1,620

  • 専用ソフト「PrimeSeat」でご購入いただくとすべての楽曲がご視聴いただけます。
  • このコンテンツは現在販売しておりません。

<イヴァン・フィッシャー>

イヴァン・フィッシャーは、ブダペストでピアノ、ヴァイオリン、チェロと作曲を学びました。ウィーンにおいてハンス・スワロフスキーから指揮法を学んだ後、彼は2シーズンにわたってニコラウス・アーノンクールの助手を務めています。1983年に、イヴァン・フィッシャーはブダペスト祝祭管弦楽団を創設し、現在も指揮者を務めているこのアンサンブルと共に大きな成功を収めています。2012年8月には、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団の主席指揮者に就任。過去にはケント・オペラの音楽監督や、ワシントン・ナショナル交響楽団の常任指揮者を務めています。彼は主要なオーケストラ全てに客演しており、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団には1987年にデビューしています。

また、彼はブダペスト・マーラーフェストを含むいくつかの音楽祭を創始し、ブダペストでは、何万人もの聴衆を彼の野外コンサートに引きつけました。彼は、ハンガリーで最も権威ある文化賞であるコシュート賞を2006年に受賞し、2013年には、ロンドンの王立音楽アカデミーの名誉会員に推挙されています。彼はまた作曲家でもあり、彼の作品はドイツ、オーストリア、オランダ、アメリカ合衆国などさまざまな国で演奏されています。

2013年と2014年には、イヴァン・フィッシャーは、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団とベートヴェンの交響曲の全曲演奏を敢行し、2015年の4月のルクセンブルクと韓国へのツアーで、このチクルスを再演しました。2015/2016年のシーズンでは、ブラームスの交響曲とヨハン・ゼバスティアン・バッハの楽曲のつながりを示す2つのプログラムを含む、いくつかの演奏会を指揮しました。

RCO Live PrimeSeat Special TOPページヘ戻る

この番組を視聴するには PrimeSeat のインストールが必要です。
こちらからダウンロードをしてお楽しみください。

ダウンロード