RCO Live PrimeSeat Special

RCO OPENING NIGHT -2017-

(Live & On Demand)

日本国内限定配信のため、日本国外からは視聴できません。購入前によくご確認ください。

RCO paid contents are not accessible from outside JAPAN.

2017年9月29日(金) 11:00 〜 2018年3月29日(木) 23:59
※Live配信は終了しました。

W. A. モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」K.527より序曲
W. A. モーツァルト:祝典劇「イル・レ・パストーレ(羊飼の王様)」K.208より
          アリア 「あの人を愛するのだ」∗
W. A. モーツァルト:劇唱(シェーナ) K.528より
          レチタティーヴォ「わが美しき恋人よ、さようなら」と
          アリア「とどまって下さい、いとしい人よ」∗
W. A. モーツァルト:交響曲 第32番 ト長調 K.318
A. ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調作品88


ディアナ・ダムラウ(ソプラノ)∗
トーマス・ヘンゲルブロック(指揮)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団は、長年の忠実な聴衆と新しい音楽愛好家で満たされたホールで行われる祝祭的なRCO OPENING NIGHTで、新シーズンのキックオフを迎えます。今年で3回目となるシーズンの開幕行事は、皆に愛されて止まないモーツァルトのアリアを歌うソプラノ歌手のスター、ディアナ・ダムラウをフィーチャーしています。さらにいくつかのモーツァルトの管弦楽作品と、陽気なドヴォルザークの交響曲第8番を、トーマス・ヘンゲルブロックが指揮します。また、オーケストラも、音楽的なサプライズをいくつか用意しているようです。

コンサートは、ドン・ジョヴァンニの伝説的な序曲で始まります。また、創意に富むコンパクトな交響曲第32番は、オペラやオペレッタの序曲を意図していたのかもしれません。
モーツァルトのオペラ「イル・レ・パストーレ」で、アミンタ皇太子が慕う羊飼いの女エリサへの愛の告白のアリア「あの人を愛するのだ」は、アレキサンダー大王が二人に結婚の許可を与えるほどに誠実に響きます。「わが美しき恋人よ、さようなら」は、最愛の人への劇的な別れの手紙です。そして、モーツァルトの「フィガロの結婚」のアルマヴィヴァ公爵夫人役で幾度も才気を放ったディアナ・ダムラウには、「とどまって下さい、いとしい人よ」のアリアは、まるであつらえた手袋のようになじむことでしょう。 最後は、ボヘミアの民俗音楽と古典的な交響曲の見事な融合であり、大自然へのあふれんばかりの讃歌であるドヴォルザークの交響曲第8番で締めくくられます。

"Diana Damrau appears by kind permission of Erato/Warner Classics www.warnerclassics.com"

本配信では、現地9月14日のコンサートの模様をお届けします。

RCO Official Site:
http://www.concertgebouworkest.nl/en/concert/rco-opening-night

後援:オランダ大使館

販売期間:2017年9月4日(月) 11:00 〜 2018年3月29日(木) 11:00

視聴料金:¥1,620

  • 専用ソフト「PrimeSeat」でご購入いただくとすべての楽曲がご視聴いただけます。
  • このコンテンツは現在販売しておりません。

オンデマンド配信は9月29日から6ヶ月間お楽しみいただけます。

《ライブ配信直前情報》 NEW!
昨年に続いてPrimeSeatでお届けするRCO OPENING NIGHTですが、今年は偶然にも弊社メンバーがこの時期にアムステルダムに出張となりましたので、OPENING NIGHTを聴きに行ってもらいました。(ただし自腹で...笑)
開演前のコンセルトヘボウの写真でも分かるように、当日はあいにくの空模様で路面も濡れていますが、前日は相当な悪天候でフライトのキャンセルも多発したそうですから、OPENING NIGHTを心待ちにしていた人たちはやきもきしたでしょうね。
終演後のライトアップされたコンセルトヘボウの写真を見ていると、生でOPENING NIGHTを聴けた彼が羨ましくなってしまいますが、今宵、PrimeSeatの配信で現地の雰囲気に浸ってみたいと思います。 RCOファンの皆様も、OPENING NIGHTならではのサービス精神満点のコンサートを是非ご堪能下さい。(アンコールもあります!)
配信後記では彼の現地レポートも紹介する予定ですので、どうぞお楽しみに!





<トーマス・ヘンゲルブロック>

2011年、トーマス・ヘンゲルブロックは、ハンブルクの北ドイツ放送エルプフィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者に任命されました。また、2016/2017年シーズンからは、パリ管弦楽団の次席指揮者に就任しています。このドイツ人指揮者は、まずヴァイオリニストとしてキャリアをスタートし、最初にヴィトルト・ルトスワフスキとアンタル・ドラティの助手を務めました。1988年から1991年までの間、ヘンゲルブロックはアムステルダム・バッハ・ソロイスツと仕事をしました。
彼はいくつかの音楽アンサンブルを創設、または共同創設しましたが、特にバルタザール=ノイマン・アンサンブルでは、古典的演奏慣習の原則に従って全てピリオド楽器で演奏を行い、これが彼の真のトレードマークとなりました。その一例として、2004年と2007年には、彼はヴェルディのオペラ「リゴレット」と「ファルスタッフ」のピリオド楽器を用いた公演を指揮しています。
ヘンゲルブロックはさまざまなオペラの上演も主導しており、ベートーヴェンとグリーグの作品の演出で、俳優クラウス・マリア・ブランダウアーと共演しました。また、彼は現代音楽と劇場にも興味を持っており、2011年には、ワーグナーの「タンホイザー」でバイロイトデビューを果たしています。彼は、世界中のオーケストラやオペラハウスから歓迎される指揮者で、2014年の秋に、ハイドンとシューマンの作品でロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の演奏会に初登場しました。
また、2017年3月に、モーツァルトの「レクイエム」とシューベルトの交響曲第8番で、再共演しています。(こちらの演奏会もPrimeSeatでお楽しみいただけます。)

MOZART AND SCHUBERT (Live & On Demand)

RCO Live PrimeSeat Special TOPページヘ戻る

この番組を視聴するには PrimeSeat のインストールが必要です。
こちらからダウンロードをしてお楽しみください。

ダウンロード