一般社団法人日本オーディオ協会監修
「音のリファレンスシリーズ」
<サンプル試聴音源>

一般社団法人日本オーディオ協会は、これまでに「音のリファレンスシリーズ」として高音質ハイレゾリューションに対応した音源USBを制作、オーディオファンの皆さまの鑑賞ソフトとして販売して参りました。映像コンテンツ作成への音源使用許諾規定の制定を機に、利用可能な音源から試聴サンプルを配信いたします。


<プロデューサーからのコメント>
世界中の演奏家が公演を制限せざるを得ない状況でも、音楽は常に人々の心を支え、温めていることを改めて感じます。これまでと同じようには音楽を楽しめない中、高品位な映像や音楽が果たす役割はより重要になってきているのではないでしょうか。二つのリファレンスシリーズは、業界のハイレゾ基準音源になることを目標に、収録機材の選定から録音、編集に至る全ての過程で音質を損なう要素を徹底的に排除し、また臨場感豊かな音楽表現のため、楽曲の企画段階から演奏家が参画して編成した希なる音源です。日本オーディオ協会のご理解により、映像と共にこの音源をご活用いただける機会を得ましたことを感謝しております。この音源がまたより多くの皆様に新たな感動を与えられることを願っています。

株式会社ノモス代表取締役 渋谷ゆう子

http://nomos-japan.co.jp



<一般社団法人日本オーディオ協会>
一般社団法人日本オーディオ協会(Japan Audio Society、略称JAS(ジャス))は、「豊かなオーディオ文化を広め、楽しさと人間性にあふれた社会を創造する」の基本ビジョンに沿って、オーディオとオーディオビジュアルに関連する法人会員および個人会員が力を合わせ、伝統あるオーディオ文化を守りつつも、技術進歩と消費行動を踏まえた新しい文化と市場創造を行っています。
日本オーディオ協会はA&AV技術と文化の伝統を継承しつつも、音を中心とした感性重視の立場から A&AVに関するソフト・ハード・視聴環境の「調査及び研究」、「普及および啓発」、「基準の作成」、「情報の収集及び提供」、「展示会の開催」、「人材の育成」、「内外関係機関等との交流及び協力」等の諸活動を行い、A&AVの総合的な技術の向上と関連分野の発展ならびに我が国経済の発展及び生活文化の向上に貢献します。

配信番組

音のリファレンスシリーズ

2020年9月25日(金) 11:00 〜

「音のリファレンスシリーズ」はハイレゾ対応機器の試聴に好適なハイレゾ音源として企画し全17曲を新規に録音制作。
リファレンス音源・録音制作への音質基準(録音&サウンドプロデューサー高田 英男氏)リファレンス音源(基準となる音質)の定義を、各アーティストがスタジオで演奏している生音の音質感を忠実に録音する事とし、更に演奏から伝わる「音楽感動」を、音の魅力として表現する事をテーマとした。アーティストとの音に対するコミュニケーションを大切に、マイキング・マイクプリアンプにて基本な音色を創るシンプルな録音アプローチである。

「音のリファレンスシリーズⅡ」

2020年9月25日(金) 11:00 〜

「音のリファレンスシリーズⅡ」はハイレゾ対応機器の試聴、特に低音域の再生リファレンスに好適なハイレゾ音源として企画制作されました。全5曲を新規に録音し、また日本で初めて陸上自衛隊の実弾演習を録音し音源化しています。
配信番組一覧ヘ戻る

この番組を視聴するには PrimeSeat のインストールが必要です。
こちらからダウンロードをしてお楽しみください。

ダウンロード