一般社団法人日本オーディオ協会監修
「音のリファレンスシリーズ」
<サンプル試聴音源>

音のリファレンスシリーズ

音のリファレンスシリーズ
(PCM96kHz)

2020年9月25日(金) 11:00 〜

「音のリファレンスシリーズ」はハイレゾ対応機器の試聴に好適なハイレゾ音源として企画し全17曲を新規に録音制作。
各アーティストがスタジオで演奏している生音の音質感を忠実に録音する事とし、更に演奏から伝わる「音楽感動」を音の魅力として表現する事をテーマに、マイキング・マイクプリアンプにて基本な音色を創るシンプルな録音アプローチで制作されました。
PrimeSeatでは、17曲からピックアップした7曲の聴きどころを96kHz/24bitでお楽しみいただけます。
(「音のリファレンスシリーズ」USBには上位の192kHz/24bit版の音源も格納されています。)

ブラームス:ハンガリー舞曲 第1番 ト短調(抜粋) 0:33
サン・サーンス:「動物の謝肉祭」 より “序曲”と“ライオンの行進”(抜粋) 0:45
バッハ:パルティータ 第3番ホ長調 BWV1006 より “プレリュード”(抜粋) 0:34
クライスラー:「愛の喜び」(抜粋) 0:43
古典本懐:「山谷」<ダイジェスト>(抜粋) 0:40
ショパン:12の練習曲 作品25 より 第1番 変イ長調“エオリアン・ハープ” (抜粋) 0:38
バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007 より “プレリュード”(抜粋) 0:38

【一般社団法人日本オーディオ協会 監修 「音のリファレンスシリーズ」】
収録楽曲(全17曲)

ブラームス ハンガリー舞曲 第1番 ト短調 (3'17")
ブラームス ハンガリー舞曲 第5番 嬰ヘ短調 (2'28")
サン・サーンス 「動物の謝肉祭」 より "序曲"と"ライオンの行進" (2'12")
サン・サーンス 「動物の謝肉祭」 より "終曲" (2'02")
ピアノデュオ:ドゥオール(藤井隆史・白水芳枝)
カルス 「4つのインベンション3楽章」 (3'12")
パーカッション:平子ひさえ
バッハ パルティータ 第3番ホ長調 BWV1006 より "プレリュード" (4'05")
バッハ ソナタ 第1番 ト短調 BWV1001 より "フーガ" (5'21")
ヴァイオリン:福崎雄也
クライスラー 「愛の喜び」 (3'38")
ヴァイオリン:福崎雄也 / ピアノ:にとまいこ
熊田かほり 「Birth of Legend」 (6'49")
琵琶:熊田かほり / 尺八:松本宏平
古典本懐 「山谷」<ダイジェスト> (2'04")
古典本懐 「雲井獅子」<ダイジェスト> (1'52")
尺八:松本宏平
小松玲子 「秘かな水瓶」 (7'44")
小松玲子 「LOVE LETTER」 (3'31")
サヌカイト:小松玲子
ドビュッシー 「ベルガマスク組曲」 より 第3曲 "月の光" (4'57")
ショパン 12の練習曲 作品25 より 第1番 変イ長調"エオリアン・ハープ" (3'02")
ピアノ:にとまいこ
バッハ 無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007 より "プレリュード" (2'30")
バッハ 無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007 より "メヌエット" (3'29")
マリンバ:平子ひさえ


©︎武藤 章
【ピアノデュオ:ドゥオール 藤井隆史・白水芳枝】
藤井隆史:東京藝術大学大学院修了。現在、武蔵野音楽大学講師。
白水芳枝:東京藝術大学卒業。現在、国立音楽大学講師。
藤井は文化庁、また共にDAAD特別奨学生としてドイツ・マンハイム音楽大学大学院に学び、ソリスト課程及びピアノデュオ科最優秀修了。'04年にドイツにてドゥオール結成後、国際的な賞を数多く受賞。以後、国内外にて600を超えるステージを踏み、リサイタル、コンチェルト、NHK他放送出演など、ピアノデュオを中心とした活発な演奏活動が、聴衆や音楽誌から高い評価を受けている。結成11年目となる'15年には、6枚目CD「2台のピアノのためのゴルトベルク変奏曲」(NAT-15291 Studio N.A.Tレーベル)をリリース、3作連続のレコード芸術誌「特選盤」及び2016年度レコードアカデミー賞器楽曲部門ノミネート盤に選ばれる。また、ピアノデュオでの後進の指導にも力を注いでおり、彩の国さいたま芸術劇場共催、カワイ梅田協賛のピアノデュオセミナー、洗足学園音大、同志社女子大、相愛大での公開講座など、ピアノデュオの道を切り拓く指導者としても各方面から称賛の声が上がっている。


©N.Ikegami
【ヴァイオリン:福崎雄也】
東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京芸術大学を卒業し、同大学大学院修士課程修了。
修士課程修了と同時に、東京芸術大学非常勤講師として東京芸術大学管弦楽研究部(芸大フィルハーモニア)に所属。また響ホール室<内合奏団コンサートマスター、アクロス弦楽合奏団メンバー、クァルテット・セレシアメンバー。
オーケストラ・ジャパンのコンサートで数多くゲストコンサートマスターを務める。第一期、第二期サントリーホール室内楽アカデミー生。選抜メンバーとして弦楽四重奏を演奏、またラデク・バボラークやパシフィカクァルテットとサントリーホールチェンバーミュージックガーデンで共演。これまでにヴァイオリンを篠崎永育、篠崎史紀、景山誠治、澤和樹、山口裕之の各氏に、室内楽を松原勝也、林俊昭、大友肇、山崎伸子の各氏に師事。


【尺八:松本宏平】
大阪府出身、NHK邦楽技能者育成会卒業。琴古流尺八・古典本曲(横山勝也伝)及び尺八奏法を石川利光師に師事。根笹派錦風流古典本曲(神如道伝)を神令師に学ぶ。2005年 全国邦楽コンクールにおいて最優秀賞・文部科学大臣奨励賞を受賞。同年 イタリア・トスカーナ "プッチーニフェスティバル"へ招聘されゲストコンサート、2011年より古典本曲のみによるコンサートシリーズ「古典本曲の現在」を企画・主宰。東京を拠点に「名もなき虚無僧たちの残した遺産:古典本曲」を軸としながら、ジャンルにとらわれないボーダレスな活動を続け、様々なアーティストとの共演やラジオやテレビの録音・放送も多数行っている。松本宏平尺八教室主宰・財団法人松原市文化情報振興財団主催「尺八教室」講師・首都大学東京非常勤講師・JEUGIAミュージックサロン講師・(公社)日本三曲協会会員。


【ピアノ:にとまいこ】
東京音楽大学ピアノ演奏家コース首席卒業。同大学院修了。奨学金を得てモーツァルテウムサマーアカデミー受講。
これまでに村木ひろの、神代麻子、石井克典、関根有子の各氏に師事。
全日本学生音楽コンクール東京大会入選、かながわ音楽コンクール最優秀賞。鳥栖ピアノコンクール第1位。
読売新人演奏会、日本財団コンサート、レインボウ21サントリーホールデビューコンサートなど多数の演奏会に出演。
神奈川フィルなどとコンチェルトを共演。伴奏、室内楽奏者としても、様々なソリストたちと共演を重ねる。2014年より自身企画のコンサートシリーズ「奏 かなで~Play for you~」「0歳からのママベビクラシック」を公演。Youtubeピアニストにとまいこチャンネルは再生回数800万回を越える。2015年CD「Brilliant」リリース。2017年キングレコードより発売「韓流ドラマティックメロディーズ」で編曲&演奏。帝京平成大学非常勤講師。


【マリンバ:平子ひさえ】
国立音楽大学器楽学科打楽器専攻卒業。1991年入団から2015年までの25年間、シエナ・ウインド・オーケストラ打楽器奏者を務める。1993年 第10回日本管打楽器コンクール、1997年 日本現代音楽演奏コンクール"競楽Ⅲ" において入賞。これまでに、国内外のオーケストラに客演の他、坂本龍一オペラ(1999)、大江戸ウインドオーケストラ、英国ロイヤルオペラハウス「兵士の物語」、石丸幹二主演三重奏版「兵士の物語」に出演するなど、その活動はジャンルを問わず幅広い。ソリストとしても国内外の演奏会に招かれる他、講習会、講演会、マスタークラスなど、幅広い活動をしている。吹奏楽コンクールをはじめ、各種コンクールの審査員も数多く勤めている。

●制作レポートはこちら
「JASジャーナル 2018年3月号」
https://www.jas-audio.or.jp/jas_cms/wp-content/uploads/2018/03/201803_031-050.pdf

●購入方法
一般社団法人日本オーディオ協会 ウェブサイト
https://www.jas-audio.or.jp/softs


この番組を視聴するには PrimeSeat のインストールが必要です。
こちらからダウンロードをしてお楽しみください。

ダウンロード